【巨人】ドラ2増田が仮契約 背番号は坂本勇も付けた61「超える選手に」

巨人からドラフト2位で指名された明秀日立高の増田陸(りく)内野手(18)が12日、茨城県日立市内のホテルで契約金6000万円、年俸600万円で仮契約した(金額はいずれも推定)。
同校の監督は、光星学院(現八戸学院光星)高監督時代に坂本勇を育てた金沢成奉監督。増田は高校通算34本塁打をマークし、勝負強さ、遊撃手、右打ちという共通点から“坂本2世”と呼ばれた。指名あいさつ時には、報道陣から希望を聞かれ「61番です。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。