侍・甲斐、待望のモリーナを質問攻め「足震えた」 アイテム交換の約束も

◆2018日米野球:第3戦 日本代表3-7MLB選抜(11日・東京ドーム)  甲斐キャノンがロケットランチャーでバージョンアップ!? 日本代表の甲斐拓也捕手(26)が現役メジャー最強捕手のモリーナ(カージナルス)と夢の交流だ。
その強肩で上林を刺した存在感を甲斐はベンチ前にとどまりMLB選抜の練習にくぎ付けになった。
お目当ては、9度のゴールドグラブ賞に輝き「ロケットランチャー」と称されるメジャー屈指の捕手、モリーナだ。「今、行ってもいいかな…」。突撃するタイミングをうかがいながら、打撃練習終了後、スタッフを連れて飛び出した。
「すっごい、格好良かった」。いざ、スーパースターを目の前にすると頭が真っ白に。「尊敬しています。
「同じ場所でキャッチャーができていることが幸せです」。まず、抱いていた思いを伝えた。ミットにも手を入れさせてもらった。
自身は西武炭谷から譲り受けた、ポケットが浅くボールを取り出しやすいモデルを使用。「モリーナも小さめ。ポケットも浅くてしっかりしていた。」
似ている感じ」。感触を手に残し、貴重なアイテム交換の約束も取り付けた。「僕はもうこれで満足。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。