侍稲葉監督、モリーナのけん制刺殺「流れ変わった」

<2018日米野球:日本3-7MLB選抜>◇第3戦◇11日◇東京ドーム 侍ジャパンが開幕3連勝を逃し、初黒星を喫した。
4回にモリーナ選手に(一塁走者の上林が)刺されてしまったというところで一気に流れが変わった。これから一発勝負という中で気を付けなくてはいけない場面。あそこが今日はすべて。
あそこを徹底させられなかった私の責任です-3試合で感じた課題、収穫は「投手に関しては一通り経験できたので、そこの中で良かった選手、悪かった選手が見えましたので、それを含めて広島からいろいろやっていこうと思ってます。打者に関しては、相手のキャッチャーのモリーナ選手が非常にうまくリードしてる。我々としては、そういうところも勝負していかなくてはいけない」-5回には守備のミスで失点した「防げるミスと防げないミスがあると思うが、今日のミスは防げたミスだったと思う。
これも4回の走塁の流れが、こういうミスを起こさせている。ピッチャーのリズムも崩してしまった-初先発の外崎選手のようなユーティリティー選手がいると幅が広がる「調子という意味では全員が調子がいいわけではないので、ああいうユーティリティープレーヤーがいると、やはり助かる。スタメンでサードはシーズン中ないところで出たんですけど、ありがたい。」
「これからもこういう選手をしっかりと探すことが大事になってくる」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。