多和田が5回途中5失点 3試合で計19失点の投手陣 日米野球

最後はMLB打者の圧倒的な打力に屈した。
三回まで1安打に抑えていたが、打順が一巡した四回に先制ソロを浴び、五回は無死一、二塁から、自らの失策で1点を失った。1死後、3ランを浴び、五回は無死一、二塁から、自らの失策で1点を失った。
ここまでの3試合は、バットが届きにくい外角の球も踏み込んで長打にする力がある。
稲葉監督は「しっかりと内角に投げきることが重要」と対策を口にした。3試合は経験を積む目的で、登板する投手の順番を決めていた。今後の先発予定の3投手を除く全員がマウンドに上がり「良かった投手、悪かった投手が見えた」と指揮官。
第4戦以降は「誰がどこで投げるかを決めずにやる」と勝負を意識した継投策で臨む。残り3試合で投手陣の真価が問われる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。