虎の正妻争い早くも激化 原口猛アピールに矢野監督「さすがやね」

阪神で正捕手争いが激化している。
まだこれからも練習をしていきたい。捕手での手応え? 全然まだまだ。紅白戦1試合でどうこうはないですよと話したが、指揮官は「さすがやね。」
原口は声もよく出ているし、元気でいるのがいい。肩も良くなっていると思う。競争には間違いなく入ってくると評価した。
チームは最下位に沈んだが、正捕手だった梅野がゴールデン・グラブ賞を受賞。それでも捕手出身の矢野監督は「全員競争」を強調。もちろん、原口が再び先発マスクをかぶる可能性も十分にあるというわけだ。
梅野もこの日、盗塁を阻止する自慢の強肩を披露。改めて「相手を意識するより自分がどうなるかが勝負。やるべきことをやるだけですよ」。
開幕投手争いだけではなく、このバトルも楽しみだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。