ホークス笠谷「自分の中で一番苦しんだシーズン」も期待度込み50万円アップ

13日、ソフトバンクの左腕・笠谷俊介が契約更改に臨み、50万円アップの推定590万円でサインした。
「3月の2軍戦で自信をなくし、そこからどうしていいのかわからなくなって……。試合で投げるのも楽しくないし「野球って難しい」と思っていました。自分の真っ直ぐが投げられなくて、正直、投球障害になっていました それでもファームのコーチ陣が笠谷を気にかけ、いろいろなアドバイスをくれたという。
「心技体という言葉がありますが、自分の中では技心体だと思っていて、技術が安定すれば心が落ち着くし、それで身体もできてくる。そう思って、自分の真っ直ぐを取り戻したいという一心でコーチの方々と練習を重ねて、6、7月ごろに答えを見つけることができました」と笠谷。「後は(まっすぐの)伸び、切れ、コントロールを磨くことを目標にやっていくだけと、今は完全に前向きだ。
球団も「自分で考えて、自分のことを信じて、最後に伸びてきた」ことを評価。わずかながらではあるものの、笠谷の心の強さと来季への期待度からアップ提示となったようだ。来季の目標を尋ねると「必ず先発の枠をつかみ取りに行きます。
その準備もしているし、絶対に負けたくないと力強く語った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。