大谷、新人王一問一答「米国に来て良かった。素直にうれしい」

エンゼルスの大谷翔平投手(24)は12日(日本時間13日)、ア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。
「そうですね。子どもの頃からずっと見ていましたし、憧れのような選手なので」 ―投手か打者かを選ぶとしたら。「最初は投手だと思って、高校を卒業した時は思っていたので、どちらかといったらそうなるのかなとは思ってやってきたんですけど、打者の方もやっぱり楽しくて続けてきたので、なかなか難しいかなと思います ―投打どちらに満足しているか。
「数字だけ見れば打者の方が貢献できているのかなと思ってますし、大事な時期に投手では抜けてしまったので、そこだけが心残りかなと思っています」 ―米国に来て良かったか。故障がある中での受賞となった。「来て良かったか。
ケガをしたことは本当に良くなかったですし、悔しいなという思いはあるんですけど、その中でこういう賞をもらったのは光栄なことかなと思います ―キャンプ中は結果が出なかった。リハビリの経過は。「単純にいい方向に成長できたなと。」
リハビリに関しても本当に毎日前進し続けているかなと思う。いい方向に全部進んでいるんじゃないかなと思います ―ベーブ・ルース以来の二刀流とアメリカで評価された。「賞をいただけたのは光栄なことと思っている。」
素直にうれしいかなと思います。レベルの高い中で満足しているか。もっとやれると思ったか。
「内容は別としてフルで出ていたわけではない。そこはフルで出ることが一番いいことじゃないかなと。チームに貢献する上で大事なのかなと思うので。」
これから先の方が長いと思うので。
そこでもっといい活躍が出来るように。今のうちから、また来年に向けて頑張りたいと思います ―野茂英雄、佐々木主浩、イチローと同じ賞を受賞した。「単純にすごくうれしいなと思っている。」
素晴らしい選手の名前の中に並ぶことが出来て光栄なことだなと思います ―二刀流として成功したと思っているか。「シーズンをフルでは出られなかった。もっともっといい形でシーズンをフルでは出られなかった。」
そのための練習をちゃんとやれれば、もっといい成績が残るんじゃないかと思っています ―印象に残っていることは。「初本塁打はうれしかったですし、ベンチに帰ってからも楽しかったかなと思います」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。