大谷翔平「すごく光栄」「初本塁打はうれしかった」 電話会見一問一答

大リーグのア・リーグ最優秀新人(新人王)に選出された大谷翔平選手が臨んだ電話会見での一問一答は次の通り。
(右肘の)リハビリの具合は 「良い方向に成長できたと思っている。リハビリに関しては毎日前進を続け、いい方向に進んでいる --ベーブ・ルース以来の「二刀流」が評価されている。野球の本場で評価を得られたことをどう感じるか 「賞をいただけたということは、すごい光栄なこと。
素直にうれしい。一番(レベルが)高い中で1年間やってこられたということは、いい経験になった --シーズン中の内容については? 「内容は別として、フルで出られたわけではないので、やっぱりフルで出られたわけではないので、やっぱりフルで出られたわけではないので、やっぱりフルで出られたわけではないので、やっぱりフルで出るのが一番いいことで、チームに貢献するのに大事なことだと思う。」
もっともっとこの先は長いと思うので、もっといい活躍ができるよう、今のうちから来年に向けて頑張りたい --(新人王を獲得した)野茂英雄、佐々木主浩、イチロー各選手とともに言及されることは 「単純にすごくうれしい。素晴らしい選手の名前の中に並ぶことができてすごく光栄 --二刀流を維持できると感じたか 「もっといい形でシーズンを終わることができるのではないかと思う。そのための練習をちゃんとやれればもっといい成績も残るのではないか --今季最も良かった場面は 「やっぱり初本塁打はうれしかった。」
「ベンチに帰ってからも楽しかった」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。