新人王の大谷、術後は「良い方向に全部、進んでる」

エンゼルス大谷翔平投手(24)が、日本人では17年ぶり4人目となる新人王獲得について、メディアの電話インタビューで喜びを語った。
その中での新人王受賞については「ケガをしたということは本当に良くなかった。悔しいなという思いもあるんですけど、その中でこういう賞をもらえたというのは光栄なこと」と振り返った。10月1日には右肘の手術を行い、現在はリハビリ中。
「リハビリに関しても本当に毎日、前進し続けているかなと思うので、良い方向に全部、進んでるんじゃないかなと思います」と前向きに話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。