札幌大谷V 船尾監督が信じた選手の「考える力」

<明治神宮大会:札幌大谷2-1星稜>◇13日◇高校の部決勝◇神宮 初出場初優勝を決めた札幌大谷・船尾隆広監督は選手の「考える力」を信じた。
「スライダーと直球、どっちも待っていたらどっちも打てない。どっちを打つか考えて、一振りで決め手きなさいと言いました」。甘く入ったスライダー、直球とそれぞれが判断して逆転劇が生まれた。
「昔は狙い球を絞らせたこともありましたが、選手たちが堅くなってボール球を振ったりしてしまった。この子たちは、中学から気心知れた仲間で、前向き。新チームになってからは、打席での判断はほぼフリーにしています」。
野手陣がしっかりチャンスを物にし、1安打完投した西原健太投手(2年)の好投に応えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。