【侍ジャパン】劇的スクイズは菊池の提案 稲葉監督にベンチで「2球目、どうですか」 足と小技で大逆転

◆日米野球第4戦 侍ジャパン5―3MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)  侍ジャパンが日本らしい攻撃で鮮やかに逆転勝ちした。
上林の適時打で1点差に迫ると、会沢が送りバントを決め、同点の走者を得点圏に進めた。ここで本拠地・マツダの声援を受けた田中広が中前へ同点適時打を放った。すかさず二盗と暴投で三塁まで進むと、秋山は敬遠され、1死一、三塁。
菊池の一塁へ絶妙なセーフティースクイズで勝ち越し、さらに1死二、三塁から柳田の内野ゴロでこの回4点目を奪った。決勝点のセーフティースクイズは、菊池と稲葉監督が事前に話し合って決行された作戦だった。
1ボールになったのでサインを出して、本人も理解してくれて実行しましたと明かした。さらに、指揮官が高く評価したのが、柳田の内野ゴロ。ゴロと判断した瞬間に三塁走者がスタートを切る「ゴロゴー」のサインが出ていた。
柳田はたたきつけるように遊ゴロを放ち、三塁走者の秋山がロケットスタートで生還。稲葉監督は「今日の試合展開であの1点は大きな意味を持つ。日本らしいスピードでとった1点。」
日本らしく、続けていかないといけない作戦と手応えを隠さなかった。20年東京五輪を見据える稲葉監督は、2安打ながら3四死球に2盗塁2犠打を絡めて4得点。
2年後の金メダルに向けて、侍ジャパンの攻撃の形を示した1イニングだった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。