今オフは106人戦力外… 例年より多い実績者、沢村賞やタイトル獲得選手も

ソフトバンクの2年連続日本一で幕を閉じた2018年のプロ野球。
クライマックスシリーズ全日程終了翌日から始まった2次戦力外通告を受けた。毎年、ドラフト会議で12球団合わせて100人前後の新人が指名される。
各球団の支配下登録枠は70人が上限に定められていることから、オフにはほぼ同数が戦力外を球団から言い渡される。とはいえ、今季は例年以上に輝かしい実績を残してきた選手が参加。
現役続行への“ラストチャンス”で、自らの力をアピールした。今オフに戦力外通告を受けた主な実績ある選手は以下のようになる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。