侍ジャパン稲葉監督が異例の注文 「上林…もっと」

◆2018日米野球:第5戦 日本-MLB選抜(14日・ナゴヤドーム)  侍ジャパン稲葉監督が、第5戦では「6番・右翼」でスタメン起用する上林について、異例の注文を飛ばした。
笑いながら「もっともっと、彼の活躍を取り上げてほしい。それぐらい、すごく頑張ってます。あんまりしゃべらない性格なんでね、もっともっとしゃべらせてあげてほしいなあと思います」と続けた。
この日米野球での上林は、第4戦まで全試合に出場。13打数7安打で打率5割3分8厘の好成績を挙げている。今回の年齢制限のない代表メンバーの中では、まだ若手。
同じソフトバンク所属で年齢の近い甲斐が「キャノン」と称される強肩、盗塁阻止で話題になった一方、上林はぼくとつとした話しぶりもあってか、活躍度ほどメディアに取り上げられていない。「よく頑張ってます、本当に。(甲斐)拓也もそうですしとうなずいた指揮官は、同じくアジアCSから主砲と期待してきた山川にも言及。
「多分、シーズンでもなかなかない調子の悪さ」と気遣いつつ「こういうのも経験。日の丸を背負って、自分が良くない中で、何をしなくてはいけないか。こういうのも僕は勉強だと思ってます」と、これを糧にと願っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。