西岡剛がトライアウトを受けた理由 激白した想い「チャレンジです、常に」

プロ野球の12球団合同トライアウトは13日、ソフトバンクの2軍本拠地球ホームスタジアムで48選手が参加して行われた。
第1打席ではロッテ時代のチームメートである成瀬から左中間を破る二塁打を放った。第3打席は巨人の篠原慎平投手の前に見逃し三振。
まず西岡が口にしたのはファンへの感謝の言葉だった。この日、会場をホームとするソフトバンク勢とともに大きな声援を浴びていたのが西岡で、「1番支えてもらったのはファンの声援だったり手紙だった。常にそういう方に支えられているんだな、今日トライしている全員がファンに支えられているんだなと感じましたと語った。」
打撃内容は4打数4安打、打てたらそれは気分はいいでしょうけど、その中でも1本打てたというのは気分的には楽にはなりました。それだけでは僕が決められることじゃないので、いい報告が来るようにこれからも練習を続けていきたいなと思いますとした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。