野球韓国代表のソン・ドンヨル監督、電撃辞任を発表

宣銅烈(ソン・ドンヨル)韓国代表監督が電撃辞任の意思を伝えた。
監督職辞任を通じて、韓国代表選手たちと金メダルの名誉を守りたかったと自ら辞任の意を明らかにした。続けて宣銅烈監督は「今日、総裁に会った。辞職の意思を伝えた。」
辞任に関して立場を伝えた。宣銅烈監督は昨年7月、韓国代表監督に選任され、アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)とアジア大会2018ジャカルタ代表チームを率いた。
アジア大会では金メダルを獲得する成果を収めたが、選手選抜過程で兵役特恵問題に対する指摘を受けた。10月初め、1度謝罪の意を表した。しかし10月10日、国政監査証人として出席し「絶対に外圧や特恵はなかった」と主張したが、政界から攻勢を受けたりもした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。