<日米野球>凱旋・マエケン「全ての球種でレベルアップ」

第4戦 ○日本5-3米国●(13日、マツダスタジアム)  マツダスタジアムに「マエケン」が3年ぶりに帰ってきた。
進化を印象づけたのは二回だ。森に対し鋭く落ちるチェンジアップを続けて空振り三振。今季から握りを変えた球種でタイミングを崩す一方、力強い直球や宝刀のスライダーも健在で「全ての球種でレベルアップしている」と胸を張った。
マツダでの登板は広島時代の2015年10月7日以来。元同僚らとの対戦の合間には笑顔も見せた。「すごく楽しかったと前田。」
プロ生活をスタートさせた思い出の地で、日本の誇る右腕が輝いた。【細谷拓海】 日本・大瀬良 (5回1失点)何とか自分らしい投球もできた。(入団時から慕っていた前田と投げ合い)成長した姿を少しは見せられたのかな。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。