FA宣言91人公示、国内FA権行使は広島丸ら3人

フリーエージェント(FA)宣言選手が14日、日本野球機構(NPB)から公示された。
浅村は強力打線で主軸となり、西武の10年ぶりリーグ優勝の立役者となった。今季は打率3割1分、32本塁打、127打点。2度目の打点王を獲得した。
今季推定年俸は2億1000万円で、年俸ランクはB(球団内順位4~10位)とみられる。西はプロ10年間で5度の2ケタ勝利と、安定感抜群の右腕。今季は25試合に登板し、10勝13敗、防御率3・60だった。
今季推定年俸は1億2000万円で、年俸ランクはBとみられる。年俸ランクはBとみられる。年俸ランクはBとみられる。年俸ランクはBとみられる。年俸ランクはBとみられる。年俸ランクはBとみられる。
国外球団とも交渉できる海外FA権を行使したのは西武炭谷銀仁朗捕手(31)西武中村剛也内野手(35)の2選手。炭谷は今季47試合に出場し、打率2割4分8厘、0本塁打、9打点。強肩を生かした守備力には定評がある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。