「イートファクトリー」初代監督の元オリ大島氏 “仰木野球”に「近づけたら」

元近鉄、オリックス、楽天で活躍した大島公一氏が、来年4月に結成される硬式野球部「イートファクトリーベースボールクラブ(愛称:満マルビリケンズ)」の初代監督に就任することになった。
同社ではヤクルト、ロッテで活躍し2013年から2015年まで日本ハムの1軍ヘッドコーチを務めた阿井英二郎氏がシニアアドバイザー(SA)として大島氏と共に新球団を作り上げることになる。「指導現場を離れていましたが、嬉しかったです。近年では社会人野球チームは減少傾向にあります。」
新しい球団は自己の成長、そして野球をできる環境がある。選手にとってはありがたいこと。野球の底辺拡大にも素晴らしいことだと思います 現役時代は近鉄、オリックス、楽天の3球団でプレー。
通算1375試合に出場し打率.261、24本塁打、334打点、71盗塁をマーク。ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回と輝かしい成績を残し、オリックス時代はイチローとの1、2番コンビが他球団の脅威となった。2006年から2015年まではオリックスの打撃コーチなども務め指導者としての経験も豊富だ。
目指す監督像には恩師の名を挙げた。「様々な素晴らしい監督にお会いできましたが、やはり僕の中では仰木(故仰木彬)さん。もう20年ぐらいも前から先見性の野球をやっていた。」
データ、個性、相性など現代の野球を見据えていたかのような野球でした。選手の能力を見極める高さは凄かったですね。少しでも近づけたらと思っています 大島氏もプロ入り前には日本生命で社会人野球を経験。
都市対抗に出場し日本一を勝ち取ることが容易ではないことも、もちろん承知の上だ。それでも無限の可能性を持つ新球団への熱い思いを口にした。「いきなり新しいチームが勝てるほど社会人は甘くない。」
「どれだけの道のりになるか、大きな山があるかわかりませんが、やるからには日本一を目指す。そしてこの球団からプロ野球選手が誕生してくれれば。ゼロからのスタートですが皆と球団を作っていきたい」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。