【中日】ドラ3勝野、同郷の根尾を中学時代から意識「山にすごいヤツがおる」

中日にドラフト3位で指名された三菱重工名古屋・勝野昌慶(あきよし)投手(21)が15日、名古屋市内の同社で指名あいさつを受けた。
土岐商3年時に「山のほう…僕のとこ(可児市)も田舎なんですが、まあもっと田舎にすごいヤツがおるらしいと聞いてました。動画投稿サイトでもチェックしました」と、飛騨高山ボーイズに在籍した飛騨・古川中3年の根尾少年の“怪童ぶり”を意識していたという。「指名順位は根尾君が上かもしれないが、同じ舞台に立つのだから何とも思わないとライバル心をむき出しにした。
あこがれの選手は、中日からパドレス傘下3Aエルパソに投手コーチとして派遣されている大塚晶文氏(46)「上から叩きつけるように投げるのがいいとフォームを参考にしているという。社業では航空機のボーイング787の主翼を製造する工場で安全管理を行っている。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。