【大谷翔平、二刀流の真実】〈2〉新ルーチン 球種や球筋メモ

ア・リーグ新人王に輝いた、エンゼルス・大谷翔平投手(24)の今年に迫る「二刀流の真実」。
球種や球筋などの投手の特徴を事細かに記し、電話帳サイズのファイルにまとめて持ち歩いている。5号を放った5月10日のツインズ戦後に、こう明かしている。「どちらが先に進んだ一手を打てるかが大事。」
そのためのデータ。相手も見られることを踏まえながら傾向を出していけば、いい打席が増えると思う 日本ハム時代は「相手より自分のスイングをすることが大事」と決してデータ重視というわけではなかった。
エ軍移籍後は打席前にベンチ内でタブレット端末「iPad(アイパッド)」を駆使し、相手投手の球筋やデータなどを研究。毎打席ごとにはロッカールームに隣接した映像室へ走り、自身の打撃を振り返る。シーズン終盤にはヒンスキー打撃コーチに午前中までに対戦投手の配球や傾向のデータを送るようにお願い。
トラウトらが行うルーチンを取り入れ、9月は打率3割1分、7本塁打、18打点。4月に続き2度目の月間最優秀新人に輝いた。一時1割台だった対左投手にはシーズン終了までに打率2割2分2厘に上げた。
大谷の野球に対する姿勢は同僚も目を細める。トラウトは試合中に“質問攻め”されるという。
のみ込みが早く、すぐにアジャストでき、結果につなげている。特別な選手だと明かす。4度のゴールドグラブ賞を誇るシモンズは「自分のやるべきことをこなすプロだ。」
準備を怠らず、万全で試合に臨む。僕たちが彼から学ぶべきと感服する。新たな取り組みと日本ハム時代から不変の姿勢。
どちらも新人王獲得に欠かせなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。