【日米野球】MLB選抜コーチが柳田ベタ惚れ 「スーツケースに入れて…」「何とかトレードで」

■侍ジャパン – MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)  野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行う。
今季自身3度目のトリプル3を達成した山田は、同じく打率、本塁打、盗塁に秀でたエンゼルスのマイク・トラウト外野手を引き合いに「ジャパーニズ・トラウト」と呼ばれていたというが、ここまでの5試合で存在感を光らせたのが柳田だった。アストロズで投手コーチを務めるストロム氏は「素晴らしいバッター。私の目には、ヤナギタが侍ジャパンの中でベストヒッターに映っている。
彼はとても速いスイングを持っているし、パワーもあると大絶賛。「何とかヤナギタをトレードで獲得できないか考えているんだと本気混じりのジョークを飛ばした。柳田にサインをもらったボールをうれしそうに握るストロム投手コーチは「これが唯一、日本の選手からもらったサインボール。」
もしサダハル・オウがいたらサインしてもらいたかったけど、今回は会えなくて残念と話した。2017年ワールドシリーズ覇者の投手コーチに「連れて帰りたい」とまで言わせた柳田。その名前はしっかりとMLBオールスターチームの記憶に刻み込まれた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。