オリックスが浅村に背番1、3年15億円で争奪戦へ

オリックスが「背番号1」を用意し、西武からFA宣言した浅村栄斗内野手(28)獲得に乗り出す。
3年総額15億円とみられる条件に加え、チームの顔の背番号。
球団関係者は「失礼な背番号を提示するわけにはいかない」と、自由契約となった中島が今季まで背負った7番も有力候補だ。浅村獲得には、今オフ、最も厳しい争奪戦が予想される。
それでもレギュラー不在の二塁補強へ、参戦に踏み切った。「チームを常勝球団にするのに力を貸してほしい。気持ち、誠意を伝えると長村球団本部長。」
浅村の出身地・大阪を本拠地にする唯一の球団が、不退転の決意で争奪戦に臨む。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。