立正大、逆転劇導いた4年生コンビ 明治神宮野球大会

立正大が怒濤(どとう)の逆転劇で優勝をつかんだ。
バトンを受けた伊藤裕は「4番の仕事をする場面。主将が打たないと勝てない」と初球を振り抜き、柵越えを確信して両手を突き上げた。坂田監督は「苦戦したが、4年生が引っ張ってくれた」と最上級生コンビの活躍に目を細めた。
チームは今春のリーグ戦で5位に低迷。「主将として何もできず、自分自身空回りしたという伊藤裕を救ったのは「お前は打てなくても、いるだけで相手の重圧となる存在だから」という坂田監督のひと言だった。「試合では小さくならず、自分自身空回りしたという伊藤裕は大会前のドラフトでDeNAから2位、小郷は楽天から7位指名された。
「これからはプロで通用するための練習をしたい」と伊藤裕。新たな挑戦も始まる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。