阪神残留の上本「全力プレーを」と決意新た

プロ野球阪神の上本博紀内野手(32)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに、来季も残留することになった。
決め手となったのは、直談判で慰留した矢野燿大(あきひろ)監督としては「残ってほしい」。
野球界の先輩としては、「最終的な考えは上本自身が最後に決めるものだ」。その両方の気持ちを伝えた指揮官の誠意は、上本にも響いた。
「監督から「上本の持っているものを出してくれればいいから」と言ってくださったので、今までどおり全力でやっていきたいと思うと話した上本。新たに単年契約を結び、まずは来年2月のキャンプに間に合うようにリハビリに集中する。持ち味のスピードとパンチ力のある打撃は、矢野監督からの評価も高い。
来季こそ、シーズンを通してチームに貢献する働きをみせたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。