「学んだことは継続」女子プロ野球の未来を担う乙女たちが合宿で得たものとは…

日本女子プロ野球で育成を主体とするチーム「レイア」が9日から15日まで、鹿児島・鹿屋市の鹿屋体育大で強化合宿を行った。
1週間に及ぶ合宿を終え、19歳の山口千沙季投手は「下半身の強化をメインに投球ではリリースポイントを低くすることを課題にこの合宿に取り組みました。投げる事だけでなく、体重移動や骨盤の動きなど下半身も使うことも大切なので、細かい部分もこれからの強化などで意識して取り組んでいきたいと思います。また今回の計測結果で、切り替えし走やジャンプ系など瞬発系が足りないと感じました」とコメント。
岡田桃香内野手は「測定のフィードバックでは持久系の筋力は、前回と比べて数値もあがっていましたが、瞬発系が伸びていなかったので、ウエイトなどでつけた筋肉を速い筋肉に変えるトレーニングを取り入れないといけないと思いました。打撃はスイングスピードは上がっていましたが、バラつきが大きかったため、ティーでポイントのバラつきがなくなるように振っていきたいと思います。今回の合宿で学んだことは、継続することです。」
私は教えてもらったことを継続させることができませんでしたが、予習、復習という面で学び、何度も確認してやっていくことの大切さを学びましたと話し、今後の成長を誓っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。