【日米野球】「イナバは魔法使い」―MLB選抜を圧倒の侍、米メディアでは采配にも“脚光”

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦した「2018日米野球」は侍ジャパンの5勝1敗で幕を閉じた。
米メディアが注目したのは、14日にナゴヤドームで行われた第5戦の采配だった。
この采配がズバリと的中した。西武で4番を務めるスラッガーは、左中間を破る2点タイムリーツーベースを放ち、この回一挙4得点。あっさりと同点に追いついた。
今回の日米野球を米国でテレビ中継していた「MLBネットワーク」の実況、スティーブン・ネルソン氏は自身のツイッターで侍ジャパンの強さに脱帽した。「ホタカ・ヤマカワは第5戦でMLB相手に7回で同点となる4得点目を記録。サムライジャパンは夢のよう。
アツノリ・イナバは魔法使いだ ネルソン氏は粘り強さを見せた日本を称賛。絶妙な采配で同点に持ち込んだ指揮官の手腕を「魔法」と称えていた。この試合、8回に勝ち越した日本は6-5で見事な逆転勝利。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。