【日米野球】5勝1敗と圧勝した稲葉監督が2020年に向け手応え 「非常にいい6戦が戦えた」

■侍ジャパン 4-1 MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)  野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行われ4-1で日本が勝利した。
6戦を通じ稲葉監督は「力のある選手と対戦することで非常にいい経験ができた。2020年の東京オリンピックに向け非常にいい6戦が戦えた。選手は個々に色んな事を感じたと思うが、オリンピックに向け必ずこの経験を生かし成長してくれると思う」と、ナインたちを称賛した。
チームが一丸となった要因には「ジャパンに対しての強い気持ちを持ってくれたことが一番」と語り、代表合宿初日には西武の秋山、広島の菊池に対し「このチームを頼むぞ」とリーダー格に指名していたことを明かした。「「任してくださいと心強い言葉を頂きました。経験がある選手がこのチームをしっかりとまとめてくれ、先頭に立ってくれたことが大きかった。
岸選手(ソフトバンク)も本当に疲れている中でジャパンのために必死にやってくれた。それに若い選手がどんどんついていったことが結束力を高めた メジャー軍団を相手に若手、中堅、ベテランが一丸となって圧勝した侍ジャパン。2020年の東京オリンピックで金メダルを目指す稲葉監督は確かな手ごたえを得た6試合だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。