巨人が西武炭谷と初交渉、原監督のメッセージ伝える

巨人が16日、都内で海外FA権を行使した西武炭谷銀仁朗捕手(32)と初交渉を行った。
巨人は出来高を含めて3年総額約6億円を提示したとみられる。大塚副代表兼編成担当は交渉の手応えを聞かれ「あったと思います。穏やかな表情だったので、いい感じなのかなと思いました」と好感触を示した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。