巨人D3位・直江、甲子園2勝の父は決してスパルタではなかった

【球界ここだけの話】巨人にドラフト3位で指名された直江大輔投手(18)=長野・松商学園高=は身長1メートル84の長身右腕で、直球の最速は145キロ。
自分もそうなれればと思います。先発完投型の投手を目指したいと意気込んだ。父の晃さん(50)も松商学園高のエースで甲子園には春夏合わせて3度出場し、2勝をマークした。
明治神宮大会での優勝経験もある。卒業後は社会人の富士重工へ。そんな父が息子に野球を教えた。
「投げ方は俺のまねをしろと言ってキャッチボールをしていました。だから、投げ方はよく似ていると言われます」と晃さん。自身は高校時代に活躍したが「140キロをビュンビュン投げる投手じゃなく、プロに行ける投手じゃなかった」と振り返る。
息子にプロ野球選手の夢を託し、鍛えたと思われがちだが…。「プロにさせようと思って育てていません。いわゆるスパルタなんてことはありませんでした。」
(息子がプロなんて)今も不思議なくらい。しかも巨人ですしね。プロ志望届を出したときは育成枠でもいいからと思っていたくらい 直江を担当した木佐貫スカウト(来季からコーチ)は「高校生ですので、まずは体を鍛えてもらいたい。」
上背はあるけどまだ細身。体の厚みをつけるトレーニングを最優先でしてもらって、先発完投型の投手になってほしいという希望がありますと語った。直江は「自分は真っすぐが軸。」
真っすぐを磨いていきたい。知らなかった世界に飛び込んでいくし、社会人になるので新たな一歩だと思う。挑戦する気持ちを大事にしていきたいですと決意も新た。
「体力勝負の仕事だと思います。基礎体力はもちろんですが、筋力もアップさせて、練習においていかれない、けがをしない体作りをしていきたい」とプロの世界に飛び込む。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。