2018年パ6球団の2つの“誤算” 移籍で輝いた左腕、和製大砲の不振…

野球界における「誤算」という言葉は、多くの場合期待に応えられなかった選手に対して使われる。
序盤は失点して涙を流す姿が話題となったが、配置転換や登録抹消などを経験し、リリーフ陣の柱へと急成長。ポストシーズンでも危なげなくセーブを記録するなど、心身の両面において大きな飛躍を遂げたシーズンとなったことだろう。
復調を感じさせる時期もあったが、一度手にしかけたレギュラーの座を手放す形に。まだ25歳と若いだけに、来季以降の巻き返しが期待される。〇東北楽天【うれしい誤算】田中和基外野手昨季成績:105試合 54打数6安打1本塁打45打点 打率.265 ルーキーイヤーの昨季は、代走や守備要員としての出場が主だったが、今季は打撃面でもその潜在能力を発揮。
長打力と俊足、守備力を兼ね備え、新人王候補に挙げられるブレイクを果たした。走攻守のすべてにおいて、スケールの大きさを感じさせる24歳。その存在を全国の野球ファンに知らしめる1年となったと言える。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。