【ロッテ】「ホームランラグーン」などZOZOマリン改修工事が開始

ロッテは17日、ZOZOマリンスタジアムの改修工事が16日から本格開始したことを発表した。
ダグアウト(一、三塁)計100席。
ダグアウト真後ろ上部にグループ席(5人席)を設置。〈2〉サブマリン・シート(一、三塁)計344席。よりグラウンドにせり出したことで今まで踏み入れることのなかったエリアで観戦可能。
グラウンドを約1メートル掘って設置するため、今までのZOZOマリンにはなかったグラウンドレベルの目線で観戦可能。座席はテーブル付き。〈3〉ホームランラグーン(ライト、レフト)計302席。
外野席初のグラウンドにせり出した観客席を設置致。最大で既存フェンスより4メートル前にフェンスが出ることで、観客席は選手と同じ人工芝が敷かれており全席テーブル付きで1名席、4名席、4名席、4名席、4名席、4名席、4名席、4名席、4名席、6名席のラインナップで販売。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。