カープ黄金時代を予言した男

【ネット裏 越智正典】広島34年ぶりの日本一はならなかったが、CSが始まろうとしていた10月11日、最終ステージで待ち構えていた広島の松田元オーナーが「優勝パレードは日本一になったときだけ」と言明したのは見事な選手激励だった。
「みんなでパレードをやりたかった」。ドラは日本シリーズでロッテに負けた。カープの勝利の歴史は63年松田恒次オーナー(日本野球機構への正式届けは2月26日)の決断で初の県外キャンプに始まる。
それまで、呉二河球場。雨の日はからだを動かさなかったからと、晩ごはんが焼きそば一皿の日もあった。キャンプ地を探せ! マネジャー竹内鉄男(法政大)が九州へ。
どこもいっぱい。日南に球場があるらしいと聞き、宮崎の宮田旅館に一泊。翌朝バスでガタガタ道を3時間。
青空、防風、町の人々の人情。あったあー。キャンプイン当日、一行は空路広島から鹿児島。
着陸したとき機内の拍手はやまなかった。日南天福球場には歓迎の鯉のぼりが泳いでいた。横溝桂はいいボールが用意されていたのに感激。
もう、変形したボールを金槌で叩いて直さなくてよい。カープは70年(4位)秋には同、ブルワーズに3選手。
引率のコーチ、終戦直後の阪神の速投げ人気投手野崎泰一は、出会ったインディアンスのキャンプへ。
ナインはあの猛烈ジョー・ルーツに出会う(2月25日~11月24日)当時快打選手、現スカウト、チーム編成の異彩、苑田聡彦ら36人。
OB金山次郎、長谷川良平に臨時コーチを委嘱。43人。大デモンストレーションである。
山本浩二、衣笠祥雄は結局、アメリカで計3度腕を磨く。赤へル軍団誕生前夜、北米を旅行中の私はパイレーツのGMジョー・ブラウンに自宅に招いて頂いた。「ヒロシマの選手はラブリーだ。」
「みんな礼状をくれた。きっと黄金時代を作る」。氏はヤンキースを倒すのに選手の躾を貫いてワールドチャンピオンになった。
75年10月15日、広島は初優勝。結団以来、風雪26年。銀座に行かなかった苑田らは、ビールかけの両国の宿舎から隅田川の土堤を歩いて、粋な向島へ。
料亭で賑やかな三味線に合わせて太鼓を叩いて勝利のよろこびに浸った。夜が明けた…。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。