<記念式典>京大野球部120年祝う 現在36季連続最下位

京大硬式野球部の創部120周年を祝う記念式典が17日、京都市内であり、OBや現役部員ら約250人が出席した。
OB会「京都大学野球倶楽部」の仕田原猛会長(81)は「これからも学生野球の本分を尽くすためにまい進していく」と力強く述べた。定期戦を長年行う東大の浜田一志監督(54)は今年東大からプロ入りした宮台康平(日本ハム)が、京大初のプロとなった田中英祐(元ロッテ)から投球を教わった逸話を披露し「京大はライバルであり戦友。追いつき追い越せで頑張っていきたい」と健闘を誓い合った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。