【阪神】高卒2年目・浜地が2回5K「試合なので気合が入った」

阪神の浜地真澄投手(20)が17日、高知・安芸キャンプで初の対外試合、韓国・LG戦の4番手として登板。
先発した望月同様、力強い真っすぐが武器。これまでは直球で押すスタイルだったが、投球の幅を広げるために変化球の精度向上を課題に取り組んでいる。「2日前に(ブルペンで100球以上)球数投げたとき、練習したので試合でうまくできた。」
その成果だと思うと充実の表情を見せた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。