ソフトバンク岡本が来季背水の覚悟、同期森ら刺激

ソフトバンク岡本健投手が18日、悲壮な決意を口にした。
「来年が最後くらいのつもりで」と力強い言葉で話した。今季はドラフト同期の13年1位、加治屋がセットアッパーとしてブレーク。同2位の森は守護神としてセーブ王に輝いた。
同4位の岡本は「同期の人がすごく活躍していた年。」
「刺激にはなりますよね。けがは焦ってはいけないけど、気持ちは焦ります」。仲間の活躍も力に変え、来季復活をかける。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。