楽天が浅村と初交渉「感触分からない」背番3も用意

楽天は18日、国内フリーエージェント権(FA)を行使した西武浅村栄斗内野手と都内で初交渉を行った。
石井GMは、交渉を終えて「感触は分からない。あったら、言いますけど。感触というものは、手にするものではないので」と独特の言い回しで振り返った。
改めて浅村の印象を問われると「今いるプレーヤーの中でも、セカンドを守れて、打撃もすごくて、背中で引っ張れる選手はなかなかいない。うちの優勝のために大事なピース。こういうスペシャルな選手は出てこない」とべた褒め。
「背番号は3が空いているので。用意しようかと思っています。金額はしっかりとしたものを。」
今この場で言うことでもないですがと話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。