【ロッテ】広島・丸に6年30億円級 本社が全面的バックアップ、監督手形に超上積み

ロッテが、FA宣言した広島・丸佳浩外野手(29)の獲得に向けて6年総額24億円プラス出来高の大型契約を用意していることが18日、分かった。
この日、ZOZOで行われたファン感謝デーに参加した井口監督は「本社を含めて「獲りにいこう」という話はしていますし、現場としては(支援は)非常にありがたい。その思いを相手側にもしっかり伝えないといけないと、球団と現場が一致団結して交渉に向かうことを強調した。今オフFA補強最大の目玉選手獲りの背景には、ロッテ本社の全面的なバックアップがあった。
関係者によると、これまで4年総額20億円とみられていた条件を6年24億円プラス出来高に“上方修正”したことが判明。出来高を加えた総額では30億円規模の好条件で巨人、広島との争いに挑むことになった。球団の複数年契約では06~07年に小林雅英が2億5000万円プラス出来高で結んだ2年契約などがある。
過去、ロッテで年俸3億円に届いた選手はいないため、丸への条件は一気に球団最高になる。初交渉日は未定だが、山室球団社長は「必要とあらば行きます」と出馬要請があれば自らも交渉の席につく構え。「(来年はロッテオリオンズ誕生)50年目の節目の年ですし。
本社をあげて(獲りにいく)ということですとロッテ本社と連携を取りながらライバル球団と戦う姿勢だ。FA選手獲得の参戦は13年オフの涌井(西武)以来となるが、今回は「何年に一回の大勝負」(山室社長)ということもあり、将来の“監督手形”を含めて今までにない破格の条件をそろえるに至った。井口監督は「勝算というよりマリーンズとしての思い、僕の思いを伝えることだと思う。
思いを伝えることが一番大事かなと思うと誠心誠意を尽くす覚悟を見せた。05年以来のリーグ制覇と9年ぶりの日本一奪回を目指す来季。絶対に必要なピースを本社・球団・現場の“三本の矢”で射止めにいく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。