プロの世界は厳しく険しい… 入団後3年以内で戦力外となった選手たち

パ・リーグ2位だったソフトバンクがCS、日本シリーズを勝ち上がって2年連続日本一に輝き、幕を閉じた2018年のプロ野球界。
今季は106人が所属球団から戦力外通告を言い渡された。中には、支配下選手契約を解除され、新たに育成選手契約を結び直すものも。13日にタマホームスタジアム筑後で行われたトライアウトには48選手が参加した。
今季は例年より多くの実績者、功労者が非情通告を受けた。こうしたベテランたちとは対照的に、プロ入りからそれほど時が経たないうちに、戦力外となった選手たちも数多くいる。
今季12球団で支配下選手19人が入団3年目までに戦力外を言い渡され、そのうち11人は育成として再契約を結んだか、今後、結ぶ見込みとなっている。また、育成選手にとっては、この「3年」というのが1つの壁となる。育成ドラフトで指名された選手は、指名後3年間はその球団に保有権があるが、入団後3年が経過すると自動的に自由契約として公示される。
育成選手として再契約すると、その後は毎オフ、自由契約公示される。ソフトバンクの甲斐や千賀、石川のように育成から球界を代表するような選手となるのは、ほんの一握り。むしろ、この3年以内に可能性を見出されず、3年の節目となった際に戦力外を言い渡されるケースは多い。
今季は3年目以内の育成選手で12人が戦力外通告を受けた。中には2年目、まだ19歳という選手もいた。今季、戦力外通告を受けた入団3年目以内の選手は以下の通り。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。