中日石川は現状維持、憧れ球児火の玉習得へ直球磨き

中日石川翔投手(19)が19日、名古屋市内で契約更改交渉に臨み、年俸700万円の現状維持でサインした。
自慢の直球は最速151キロを計測し、3者凡退に抑えた。初のオフは自慢の直球を磨くことに専念する。「藤川球児さんのような球を投げたい。」
(デビューした)阪神戦でベンチで見ていて、めっちゃ興奮した。(引退の岩瀬を)胴上げしているときに、すぐこのへんにいたので「マジかよ」と思ったと火の玉直球習得へのモチベーションを高めた。石川翔によると、藤川のすごさは直球の回転軸がまっすぐになっていること。
「僕もまっすぐだったはずですがスライダーを投げていたら、軸が横になってジャイロ気味になっているらしい。回転数は多いはずだけど、球の伸びが少し足りないそうです。ホップする球にこだわっていきたい」と課題を定めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。