阪神ジュニアに大和と虎児 12球団ジュニアトーナメント監督会見

「NPB12球団ジュニアトーナメント2018 supported by 日能研」の12球団監督会見が19日、都内のNPBで開催された。
大阪出身の虎児(とらじ)君は4番に座る主砲。阪神で代打の切り札などで活躍した八木監督が「不動の4番。率を残すタイプでチャンスに強い」と太鼓判を押した。
昨年まで2年連続準優勝となり、今年は悲願の初優勝を目指す阪神タイガースジュニア。阪神に縁のある名前を持つ投打の柱2人が、阪神ジュニアを頂点に導くかもしれない。 大会のメンバーは、各球団が推薦および編成したチームで小学5、6年生が対象。
大会は札幌ドームで12月27日に開会式を行い、同29日の最終日(決勝トーナメント)までの3日間、開催される。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。