オリックス・金子 球界史上最大5億円ダウン提示されていた 衝撃の大幅減俸

オリックス・金子千尋投手(35)が19日、来季契約に関し、野球協約が定める減額制限を大幅に超えるプロ野球史上最大の5億円減となる年俸1億円を球団から提示されていたことが19日、分かった。
金子に衝撃の大幅減俸が提示されていた。年俸1億円以上の減額制限である40%以上の減俸。球団からはシーズン終了直後に通告を受けた。
5日には代理人を伴って球団事務所を訪れ、2時間を超える交渉も行ったが合意には至らなかった。それもそのはず。今季5億円とみられていた年俸は関係者の話を総合すると6億円。
提示された来季年俸は1億円。プロ野球史上最大となる5億円の減俸を、簡単に受け入れられるはずがなかった。最多勝、最優秀防御率にMVP、沢村賞とタイトルを総なめにした2014年のオフ、国内FA権を行使。
ポスティングでのメジャー移籍も示唆し、日米を巻き込んだ移籍騒動の末、4年。この間は右肘手術などもあり30勝30敗。
2桁勝利はわずかに1度(17年に12勝)今季は8月に故障離脱したこともあり、4勝7敗に終わった。長村球団本部長は「前回の交渉に私は出られなかった。」
何を望んでいるのか直接、聞いてみたいと話すにとどめた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。