オリックス金子が今週再交渉、大幅減額か自由契約か

オリックス金子千尋投手(35)が19日、今週中に球団と今オフ3度目の交渉に臨むことを明かした。
金子は今季で4年総額20億円の大型契約が終了。来季は野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超えるダウン提示を受けている。保有していたFA権も行使せず提示を受け入れるか、自由契約になるかの二者択一を迫られている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。