ヤ軍11勝左腕獲得でMLB公式は「三重の恐怖」と称賛も… 米ファン「怖くないぞ」

ヤンキースは19日(日本時間20日)、マリナーズから左腕ジェームス・パクストンを獲得した。
今季は28試合に先発し、ヤンキースのユニフォーム姿のパクストンの3ショットとともに、「三重の脅威と紹介。セベリーノ、田中を左右に配置し、11勝6敗、防御率3.76の成績を収めていた。MLB公式ツイッターもピンストライプの名門の補強第一弾を大々的に紹介。」
目を大きく広げ、驚きの顔写真も添えているが、返信欄にはファンからの物言いで溢れている。「これは怖くないぞ「ノー、三重の脅威ではない」「デグロム、シンダーガード、ウィーラーの方が上だ」「心配の必要ゼロ。ブレイク・スネルは3人合わせても上」「セール、イオバルディ、プライスの方が10倍上だ」「脅威だって?」「メッツの先発ローテーションの後半部分」「プレーオフ初戦負けでいいのか?」「どこが脅威だ」「自分ならスネル、オープナー、オープナーを取るね」「まったく、このローテに恐怖はない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。