中村、井上が覚醒、平沢の台頭 課題もまだ山積み…ロッテの2018年

球団ワーストの成績に終わった昨季からの巻き返しを図った千葉ロッテ。
盗塁も前年の78から124へと大きく増加しており、井口新監督が掲げた機動力野球は初年度から一定の成果を挙げた。投手陣では、先発の涌井と石川の両輪が復調し、新加入のボルシンガーも抜群の安定感を見せて初年度から一定の成果を挙げた。
リーグ5位ながら、前半戦で40勝38敗2分と貯金を作った。その勢いのまま、後半戦は2年ぶりのAクラス入りを目指す…はずだった。だが、7月9日に荻野貴が右手指に投球を受けて負傷離脱すると、オールスターを挟んで流れは一変。
前半戦だけで9勝を挙げてタイトル争いにも加わっていた石川と、破竹の11連勝を飾っていたボルシンガーがそれぞれ違和感を訴えて離脱した。先発陣は駒不足が深刻となり、負担の増したリリーフ陣も安定感を失う負のスパイラルに陥った。シーズン終盤には前年の先発ローテの柱だった二木が復調したが、投手陣を救うまでには至らず。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。