菊池雄星、充実帰国「考え方のすり合わせできた」

ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を目指す西武菊池雄星投手(27)が19日、自主トレ先の米ロサンゼルスから帰国した。
申請時期はメジャーのFA市場の動向も見ながら、西武と話し合って決定する。「すぐに、という形にはならないと思う。球団とステップを踏みながら進めていきたいと12月5日の期限ぎりぎりになる可能性も示唆した。」
夢の舞台での戦いに向け「どこでプレーするとしても、しっかりパフォーマンスを出せるように準備するだけです」と足元を見据えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。