鈴木誠也の背番号「1」 広島のチームリーダーが代々引き継いだ伝統の系譜

広島の鈴木誠也の背番号が「51」から「1」へと変わる。
〇「11950-1953 白石勝巳/遊 480試1814打490安42本164点49盗 率.2581979-1982 大久保美智男/投 6試0勝0敗0S 10回 防16.201954-1958 金山次郎/二 416試1605打353安17本92点115盗 率.3032019- 鈴木誠也/外 1345試4551打1306安85本452点189盗 率.2311975-1978 大下剛史/二 350試1153打298安9本73点79盗 率.2701953 野崎泰一/投 1試0勝1敗 4回1/3 防16.201954-1958 金山次郎がつけた。白石は広島の初代「1」は、戦前は巨人の名遊撃手で、2リーグ分立時に地元広島に移籍した白石勝巳がつけた。
金山は福岡出身だが、引退後も広島で解説者を務め、1975年の初優勝時には感極まって泣きながら解説をして話題となった。そのカープ初優勝をもたらしたのが古葉竹識。現役時代は名遊撃手として、長嶋茂雄と首位打者争いをしたこともある。
古葉も1999年に殿堂入りしている。ここまでの「1」は野崎を除いて野手のリーダー格がつけたが、渋谷通は全く意味が違っていた。渋谷は「王貞治そっくり」と言われた一本足打法。
期待も高く、王にあやかって「1」となったが、7本塁打に終わった。1974年オフに日本ハムにトレード移籍したが、この時に広島にやってきたのが大下剛だった。遊撃手、リードオフマンとして活躍し、1975年の広島の初優勝に貢献した。
救援投手の大久保美智男を挟んで、俊足好打の外野手、山崎隆造が「1」で活躍。その後は、強打者の前田智徳がつけた。打撃職人と言われた前田は、広島一筋で2000本安打を記録した。
偉大な成績を残した前田の引退後は半ば永久欠番のような扱いになっていたが、鈴木誠也の成長で継承者ができた形だ。鈴木は右の長距離打者。俊足で守備範囲も広い。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。