【オリックス】プロ初安打の1年目・西浦は現状維持の480万 目標は「開幕1軍です」

今季オリックスの西浦颯大外野手(19)が21日、大阪・舞洲の青濤館で契約更改し、でサインした。
できればレギュラーでと意気込んだ。明徳義塾高から17年ドラフト6位で入団。10月1日に出場選手登録されると、同日の楽天戦(楽天生命)でプロ初安打と盗塁をマーク。
ウエスタンでは49試合に出場し、打率2割、1本塁打、15打点だった。今季について「目標は消化試合ではなく戦力として挙がることでしたけど、1軍で初ヒットが打てよかった」と振り返った。理想をイチローに掲げる19歳は、今月下旬から台湾でのアジア・ウィンターリーグに参加。
同リーグで「首位打者をとります」と力を込めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。