【MLB】ヤンキースOB殿堂選手がマチャドのプレー姿勢に疑問「ここでの期待値は高い」

ストーブリーグ真っ只中のメジャーだが、今オフのフリーエージェント(FA)市場には注目選手が目白押しとなっている。
アスレチックスで長らくプレーした後、オリオールズを経てヤンキース入りしたジャクソン氏は、名門のピンストライプを身にまとい、ニューヨークのファンの前でプレーすることについて「ここでの期待値は高い。最も過酷な環境だ」と告白。
初年度は本当に辛かった。言うべきではないことも言ってしまったり。新参者にとってみれば、全くもって新しい世界なんだと、慣れるまでに時間が掛かったことを明かしている。
ジャクソン氏が眉をひそめたのは、マチャドが今季ポストシーズンで“卑劣”な行為を繰り返したことだ。また、マチャドが凡打に倒れた打席で一塁まで全力疾走に才能はいらない。
努力は誰もできることだと話し、ジャクソン氏同様に正々堂々と全力を尽くさない姿勢に疑問を呈しているという。
マチャドのヤンキース入りには逆風が吹いているようにも見えるが、果たしてどんな結末を迎えるのだろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。