巨人が新助っ人と契約に合意、楽天はFAの浅村を獲得…21日発表の人事、FAは?

巨人は21日、来季の新外国人選手としてパドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手と契約が合意に達したと発表した。
3、4月には打率.321、8本塁打19打点と活躍してナ・リーグの月間最優秀新人に輝いた。5月以降は成績を落とし、351打数83安打の打率.321、8本塁打46打点の成績だった。楽天は西武からFA権を行使していた浅村栄斗内野手の入団が決まったことを発表。
入団の意思を固めた浅村から連絡を受けた石井一久GMが正式に獲得を発表した。今季打率.310、32本塁打127打点をマークし、西武の10年ぶり優勝に貢献するとともに打点王に輝いた浅村。残留を望む西武、そしてソフトバンク、オリックスとの争奪戦を楽天が制した。
また西武は高橋光成投手 背番号変更「26」→「72」【楽天】浅村栄斗内野手 国内FAでの獲得を発表。高橋光は「17」から、西口文也投手コーチが現役時代に背負った「13」に、川越は「26」から「72」になる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。