ロッテ、丸に6年25億超!3つの期待で必要性訴え

丸に3つのお願い! ロッテが22日、広島からFA宣言した広島丸佳浩外野手(29)と都内のホテルで初交渉を行った。
都内を一望できる高層ホテルの一室で、井口監督は丸と初対面を果たした。約40分間にわたって熱意を伝え、丸からの質問にも快く応じた。「一緒に戦ってほしいという思いを伝えさせてもらいました。」
短い時間でしたが、お会いできて本当に良かったと実りある会談を振り返った。戦力としてはもちろんのこと、球団が丸に期待する役割は3つある。(1)成績面でチームを引っ張ってほしい(2)若い選手の精神的支柱になってほしい(3)地元・千葉の地域振興に協力してほしいロッテがどれだけ丸を必要としているか-。
誠意を込めて井口監督のほか林球団本部長、山室球団社長、松本編成部長ら5人で足を運んだ。良縁を願って験も担いだ。会場は5年前、西武から涌井をFAで獲得した際の交渉と同じ部屋。
末広がり88平方メートルのスイートルームだ。当初は4年総額で25億円程度に上方修正。
林球団本部長は「オーダーがあれば、考えられるものは考えます」と可能な限り要望に応える心づもりでいる。丸からはZOZOマリンの利用可能時間など練習環境、住環境について積極的に質問があった。練習熱心な性格がかいま見え、山室球団社長は「あれだけ実績があるのにまじめで謙虚。
(ロッテに対し)好意的だったと思いますねと人となりにも好印象を抱いた。秋季キャンプ地である鴨川市の隣、勝浦市出身で、林球団本部長も「千葉への愛を感じた」とうなずいた。次回は提示を受けてのレスポンス待ちとなる。
井口監督は「いま1度、わがチームでリーダーとして引っ張ってほしい、優勝するための力になってほしいという思いが強くなりました」。“恋人”への愛を一層強くして、返答を待つ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。